ハンギングハーブ

講師紹介

金子 堅治

 東京生まれ。6歳よりピアノを始める。父親の転勤に伴い13歳で会津若松に転居。県立会津高校在学中に声楽を藤村晃一、ピアノを秋月和子の両氏に師事。国立音楽大学声楽科(テノール専攻)に進み田島好一氏に師事。バロック作品の他、シューベルト、シューマンを中心にドイツ・リートを学ぶ。

 

 会津大学短期大学部社会福祉学科では11年に渡り教壇に立ち多くの学生を指導。現在は自宅にてArs Nova金子音楽教室を主宰。合唱の指導にも定評があり2003年よりおおるりコーラスの指導を続けている。2018年にバロック歌曲によるソロリサイタル(伴奏 江川龍二氏)を開催し演奏活動を再開。同年『オール木下牧子作品による新しい日本歌曲の演奏会』のプロジェクトを開始、2019年に『第1回 へびとりのうた』 を開催。2020年には文化庁文化芸術活動の継続支援事業として『第2回 いちばんすきなひとに』の無観客収録・配信を行う。2021年7月には『第3回 愛する歌』の開催を予定している。

 

 会津演奏家連盟会員。郡山女子大学短期大学部非常勤講師。

主宰

​金子 堅治 公式WebSite はこちらから→

 埼玉生まれ。4歳よりピアノを学ぶ。東京家政大学附属中学・高校を経て玉川大学文学部英米文学科卒業。さらに同大学教育学部教育学科(幼児教育専攻)に学び、幼稚園教諭免許を取得。

 

 幼稚園勤務を経て、現在は自宅音楽教室にて幼児・児童への音楽指導を行うほか、合唱の伴奏を中心に活動。歌曲伴奏にも本格的に取り組み、『オール木下牧子作品による新しい日本歌曲の演奏会』ではシリーズ全般にわたりピアノ伴奏を務める。また所属する『木の実シアター』では、幼稚園・保育園・福祉施設において長年にわたり音楽ボランティアの活動を行なっている。

金子 理恵

幼児のための音楽導入クラス